ワイヤー矯正

今でこそ、認知度の高くなってきたマウスピース矯正ですが

昔は矯正といえばワイヤー矯正!というイメージがある方も多いのではないでしょうか?

ワイヤー矯正は 歯の表側(裏側)にブラケットという矯正装置を取り付け

そこにメタルなどのワイヤーを固定して ワイヤーの弾力を利用して歯を動かします。

ワイヤー矯正のメリット・デメリット

◎メリット

・幅広い歯並びに対応可能。

・見てる部分に装置が付いているのでブラッシングしやすい。

・歯の移動が早い。

・矯正装置が舌にふれないので発音に影響しにくい。

・目立ちにくいワイヤーが増えている。

×デメリット

・痛い。(装置で口を傷つけ口内炎ができやすい)

・ブラッシングがしにくい。

・食べ物が引っかかりやすい。

・表側に装置がつく矯正の為、見た目が気になる。

など、このようなものがあげられます!

次回へ続きます▶▶