ワイヤー矯正第2弾

前回に引き続き、ワイヤー矯正のお話です。

前回、ワイヤー矯正のデメリットの中に『見た目が気になる』ということを書きましたが

歯の裏側に矯正装置を取り付ける裏側矯正もございます!

歯の裏側は表側と違って複雑な形をしている為、

裏側矯正では装置を取り付ける前に 1人1人にオーダーメイドで矯正装置を作成する工程があります。

事前に歯型を取り、模型上で決定した装置の位置を口の中で 正確に再現して装着しますが、

裏側矯正は技術が必要な処置ですので、費用もその分高くなります。

矯正にもいろいろな種類がございます。

どれが良いか、お客様によって適したものが違いますのでメリットデメリットを考え

自分にはどちらがあっているか慎重に決めていきましょう!